アスペルガー症候群の原因

アスペルガー症候群の原因

アスペルガー症候群の原因は、現在の医学でははっきりとわかっていません。脳になんらかの障害がある、環境、遺伝など諸説あるものの、明 らかな原因は解明されていません。そのため、アスペルガー症候群に対する病院側の対応も、診断、療育支援、二次的症状(うつ・不安障害など)への薬物治療 に限られています。

脳の機能障害

現在、もっとも注目されているのが、この脳の機能障害説です。これは、アスペルガー症候群の要因が、なんらかの先天的な脳の障害であるという意見です。実験データなどもそろってきており、日本でも定説となってきています。支援への取り組みなどもこの脳の機能障害という説を根底に組まれてることもあり ます。「脳のどこに障害があるのか?」については、脳幹障害説、小脳障害説、前頭前野障害説、一時感覚と関連した機能障害説、扁桃体システム障害説など国内外さまざまな意見がありますが、現在のところ、はっきりとした結論はでていません。したがって、研究がすすんでおり、この脳の機能障害が原因である可能 性が高まってきているものの、あくまでも可能性にすぎず、原因として確定しているわけではありません。

環境のせい?

アスペルガー症候群には、妊娠時の状態や出産時の状況が影響を与えいるのではないかという意見もあります。また、生まれてからの育て方が悪かったのかと悩むご両親もいらっしゃいます。これらの見解に関しては、一切医学的根拠はございません。ご両親が自分のせいにされる必要は全くはありませんので、現在お子さんに対してどう接するかだけを考えてください。

アスペルガー症候群には遺伝が関係している?

アスペルガー症候群は、両親にアスペルガー症候群の病歴がある場合、子供にもアスペルガー症候群が発症することがあります。

このことから、親子で性格が似ることがあるのと同じように、アスペルガー症候群が発症する傾向も親子で似てしまうのではないか、育つ環境や、なんらかの遺伝子が関係しているのではないかとも考えられています。

ただ、遺伝がはっきりした原因であるかどうかは、医学的に裏づけはなく、はっきりと遺伝が関連しているとはいえないようです。

Copyright© 2017 Infocharge Inc. All Rights Reserved.